-10℃感のアームカバー【氷爽】を使ってみた

ゼビオスポーツで登山コーナーをプラプラ眺めてたら、めっちゃ涼しそうなアームカバーを見つけました!

思わずリアクションバイトしてしまいました(笑)

りゅうな氷爽アームカバー

-2℃とかはよく見かけるけど、この氷爽は持続する-10℃!

ほんとかよ!

思わず突っ込んでしまいました。

でもこのキャッチコピーはずるい。どんなものか使ってみたい気になる。

さすがに-10℃は期待してませんが、少しでも涼しいならと買ってみました。

肌触りは薄くてツルツルして気持ちいい。涼しそうな感じはあります。

手の甲を広くカバーしてくれます。

ちょっと縫い目が気になりました。(脱いだあとすこし跡が残りました)

長さは47cmなので、手の甲分を上げれば全然余裕ですが、腕が長い人だともしかしたら短いかも。

違いがわかるように、去年買ったN-ritアームカバーと片方づつ着けて低山ですが登ってきました。

夏山登山の日焼け対策でアームカバーを使ってみた

使ってみた感想

さすがに-10℃は大げさでしたが、普通に涼しいです。N-ritのアームカバーよりすこし生地が薄い分こっちの方が勝ちかなってくらい。

わたしは肌触りはりゅうなのアームカバー(写真上)ですが、長さは前のアームカバーがちょうどいいです。

比べるとりゅうなのアームカバーの方が長いんですが、伸びが違います。

りゅうなは生地が薄いせいなのか、あまり伸びません。

まとめ

もっと劇的に涼しかったら最高だったんだけどなぁ

個人的には長さが気になったので、N-ritのアームカバーの方が伸びてくれるし、シームレスなので使いやすいかなと思いました。

2つあれば連チャンで登る時に使えるかし、そんなに涼しさは変わらないから、しばらくローテーションして使ってみます。

日が当たると黒は暑いので白がおすすめです。わたしは似合わないのでやめました(笑)

夏山登山の日焼け対策でアームカバーを使ってみた