ワコールCW-Xジェネレーターレボリューションのサイズとレビュー

 

今までCW-Xスタビライクスモデルを使ってましたが、夏に暑すぎるので冷感機能がついているジェネレーターレボリューションにしました。レボリューションタイプは生地が薄くなっていて夏向けになっています。

スタビライクスの夏モデルと悩みましたが、試着してみたら履き心地が全然違ってジェネレーターレボリューションの柔らかさにひかれました。

ワコールCW-Xスタビライクスのサイズとレビュー

サイズ選び

失敗はしたくないので近くのスポーツ店で試着をしてきました。

スタビライクスではMサイズを使用してたけどウエストが少しきつかったのでジェネレーターではLサイズを選択。

ジェネレーターだとスタビライクスモデルにはある、MB(MサイズでウエストだけLサイズ)がない為です。

Lサイズを細かく見てみる

着用した感じは締めつけ感は弱め。

わたしの体型

身長=176cm

体重=62kg

ウエスト(へそ周り)=79cm

股下(かかとまで)=84cm

太もも(付け根から3cmの所)=51cm

ふくらはぎ(一番太い所)=37cm

若干ひざ裏にシワが出きるので、やっぱり弱めです。ジャストならMだろうけど・・・ウエストがね。

使ってみて思った事

足の曲げ伸ばしは楽になるのでサポートされている感じはある

ジェネレーターは腰までサポートされてるので足の付け根の疲れを軽減してくれている。実際長時間歩いてても足の付け根が痛くならなくなりました。

あとはウエストに余裕があるからか、スタビライクスモデルだと長時間歩いてると腰回りが下がってきたけど、ジェネレーターは下がってこないからストレスがないのもうれしい。

レボリューションタイプは冷感で生地も薄くて、スタビライクスとは全然違い涼しいしはきやすい。

薄すぎて白い生地を選んだら肌が透けて見えるかもしれない(笑)

縫い目が無いので、跡にもならないのもいいね。

試しばきで日光白根山を歩いてきました!

関東一高い山「日光白根山」は初心者にもおすすめ

ちょっと弱めにしたって事もあって圧迫感もなくてなにより涼しくて快適に歩けました!

もちろんウエストも余裕があるので、飯を食べた後でも全然気にならない。

まとめ

さすが上位モデル。白根山では足が最後まで上がって余裕があったので疲れない気がします。

夏用のつもり買ったけど、メインのパンツで調整すれば通年履けますね。

暑がりなわたしはスタビライクスモデルには戻れそうにないかも。

しかも履き心地がいい(^^)

これから購入を考えていて、サイズも合うなら少し高いけど、ジェネレーターレボリューションをおすすめします。